スキンケアをしている女性と肌を気にする女性
マスクシートを使用している女性

洗顔や保湿ケアなど、毎日スキンケアをしっかり行っているという方は多いですが、ケアをしているつもりでも間違ったお手入れを繰り返したり、原因を防ぐことが出来ていないと、肌トラブルとしてニキビが出来やすくなるといわれています。

ニキビは性ホルモンの影響で皮脂腺は発達し、皮脂が過剰に分泌されたり角質層が厚くなることで毛穴の出口が詰まりやすくなることで起こります。毛穴内部に皮脂が排出されずに蓄積してしまうのを面皰と呼び、放置すると白ニキビや黒ニキビなどの症状から炎症を起こして赤ニキビに進行してしまう恐れがあります。そのため少しでも肌トラブルが起こっていたら、すぐに症状や種類を確認して適切なケアをすれば、炎症をすることなく自然治癒させることが可能です。まず肌トラブルを悪化させないためには、どんな種類があるのか確認するようにしましょう。

まず炎症をおこしておらず、毛穴の中に皮脂が詰まっている状態を面皰と呼び、小さな白い点で盛り上がっている状態を白ニキビ、毛穴の出口が開き中に蓄積している皮脂汚れが空気に触れることで酸化したり、メラニン色素が原因で黒ずみに見える状態を黒ニキビと呼びます。この状態は毛穴に汚れが詰まっているだけで、内部にアクネ菌が入り込み増殖をしていないので、早めに毛穴内部の汚れを取り除き、保湿を丁寧に行えば炎症はせずに引き締まった毛穴の状態に整えることが可能です。

しかし症状を放置したり、手でニキビをベタベタと触ってしまうと、雑菌が触れて毛穴内部で増殖し炎症を引き起こしてしまいます。こうなるとセルフケアで短期間で治癒させることは難しいので、皮膚科に相談をして外用薬や内服薬を処方してもらい対処をします。

思春期にできる状態は、主に皮脂分泌の量が過剰になることで毛穴に汚れが詰まりやすくなることが特徴です。そのため皮脂腺が多いTゾーンや頬などの部分に出来やすく、アクネケアが行える殺菌効果の高い洗顔料やスキンケア化粧品を利用して肌を清潔に保つようにしましょう。また、大人になってから出来る状態に関しては、肌の乾燥やターンオーバーの乱れ、ストレスや生活習慣の乱れなど様々な原因が重なっている可能性があります。肌の透明感がなくくすみが目立つようなら、古い角質が除去出来ていないので、角質層が厚くなり毛穴の出口を塞いでニキビになってしまっています。

そのためピーリングケアを行って角質除去をしたり、保湿をきちんと行って肌のコンディションを整えることが重要です。肌の乾燥はニキビに限らず、様々な肌トラブルの原因となるのできちんと保湿を行うことが重要です。