• ホーム
  • ニキビが悪化しないようにするために!やってはいけないことを紹介します!

ニキビが悪化しないようにするために!やってはいけないことを紹介します!

2020年04月13日
肌がきれいな女性

肌トラブルでは多くの人が経験したことのあるニキビは、肌に出来てしまっても適切なお手入れを行っていれば悪化する心配がありません。しかし間違ったスキンケア方法を繰り返していると、かえってニキビが悪化してしまう原因となる可能性があるので、ニキビが繰り返し出来てしまい悩んでいるという方は特にスキンケア方法などを見直すようにしましょう。

普段のスキンケアで非常に重要とされているのが洗顔です。特に女性などは日頃からメイクをされている方が多いですが、ファンデーションや化粧下地には油分が多く含まれている特徴があるので、毛穴の奥深くに入り込んでしまうと丁寧にクレンジングをしないと毛穴に汚れが残ったままになってしまう可能性があります。また乾燥肌の方などは、過剰に皮脂が分泌されやすくきちんと洗顔をしていても、肌がテカリやすく毛穴に汚れが蓄積しやすい傾向にあります。

すでにニキビが出来てしまっている肌なら、皮脂やメイク汚れが肌に残った状態では余計に症状が悪化してしまう可能性があるので、低刺激で潤いを与えるタイプのクレンジングや洗顔料を利用して清潔に保つようにしましょう。少しでも肌を清潔にしようとして、何度も繰り返し洗顔をしてしまう方は多いですが、洗顔は肌に負担を与えるので朝晩の1日2回を目安に行うことが必要です。

洗顔やクレンジングで汚れを綺麗に落とした後は、スキンケア化粧品で肌を保湿する必要があります。ただクリームや乳液など油分が多く含まれている化粧品はニキビには良くないのではと不安に感じる方は多く、化粧水のみでお手入れを終えてしまう方は多いです。しかし化粧水だけでは、肌になじませた時は潤いがあっても時間と共に水分が蒸発して肌が乾燥してしまうため、与えた水分が蒸発しないように上から乳液やクリームを使用して潤いの蓋をするようにしましょう。健やかな肌は水分と油分のバランスが整っていることが重要なので、保湿を行いターンオーバーを正常にさせることがニキビ予防に繋がります。

外出をする際には紫外線対策を行うこともニキビを悪化させないための重要なポイントです。紫外線によるダメージは活性酸素が発生して、肌バリア機能の低下につながるため、症状が悪化しやすくなる恐れがあります。出かける時は日焼け止めを使用して紫外線ダメージから肌を保護するようにしましょう。すでに出来てしまったニキビも、低刺激の化粧品を利用すれば跡や赤みをカバーすることが出来ますし、乾燥や紫外線からの刺激からも守ることが出来るので活用するようにしましょう。