• ホーム
  • ニキビ治療薬であるスキノレンクリームの効果を徹底解説します

ニキビ治療薬であるスキノレンクリームの効果を徹底解説します

2020年04月18日
鏡を見ている女性

繰り返し出来てしまう肌のニキビトラブルを解決する方法として、専用のニキビ治療薬を普段のスキンケアに取り入れることで、短期間で治癒させることが出来るようになり症状の悪化や跡が残る心配がなくなります。皮膚科などに受診して薬を処方して貰う方法もありますが、最近ではスキノレンクリームなどを通販サイトで購入して自宅でセルフケアを行う方も増えてきています。

スキノレンクリームは低刺激で肌に優しいタイプのニキビ治療薬です。ピーリングや抗炎症作用、美白などの3つの効果を肌に与えることが出来る有効成分アゼライン酸を20%配合している特徴を持ちます。初期のニキビに対して使用すれば抗炎症作用と皮脂分泌量をコントロールすることで、症状が悪化する心配がありませんし、炎症後に起こる赤みやシミなどにも効果があるなど顔トラブル全般を改善することが可能です。

スキノレンクリームを使用すると、ニキビの原因となる毛穴の中の角栓を取り除くピーリング効果を与えることが出来ます。一般的にピーリング剤にはアダパレン製剤やトレチノイン製剤を使用する場合が多いですが、効果が高い反面使用後にヒリヒリとした刺激感が長期間続く特徴がありました。しかしスキノレンクリームは角栓を取り除くピーリング作用が抑えられているので、デリケートな肌質でも肌に刺激感を与えることなく使用することが出来るメリットがあります。そのため肌にかかる負担を最小限に抑えて、肌トラブルを改善したいと思っている方に向いている治療薬です。

スキノレンクリームは毛穴の角栓を除去するだけではなく、過剰な皮脂の分泌やアクネ菌の増殖、炎症による赤みや色素沈着などの肌トラブルを改善することが出来ます。ニキビ治療薬として販売されていますが、肝斑やシミといった色素沈着による肌トラブルにも有効で、美白ケアが行えるとして美容目的として利用する方も増えてきています。

今までニキビとシミを同時に治療するためには、それぞれの治療に特化した成分が配合された外用薬やスキンケア化粧品を併用する必要がありました。しかしこのスキノレンクリームであれば、1本でどちらのケアも同時に行うことが出来るので非常に便利です。低刺激な使用感なので、クリーム一つでも炎症を起こしているニキビの治療を行うことは可能ですが、治療効率をアップするなら抗菌効果に特化した外用抗菌薬と併用するとより高い効果を得ることができます。